DVD・ブース予約システム利用規約

         
第1条(定義)
  本規約は、TAC株式会社(以下、TACといいます)が提供する「DVD・ブース予約システム」(以下、本システムといいます)を、
第3条規定の会員(以下、会員といいます)が利用する際の一切に適用されるものとし、会員は本規約に同意の上、本システムを
利用するものとします。
  「DVD・ブース予約システム」とは、会員がID・パスワードを使用してTAC各校舎でのDVD(ビデオ)受講の際の個別ブース(以下、DVDブースといいます)を、インターネットを通じて予約することができるシステムです。
         
第2条(規約の範囲および変更)
  1. この本規約の他に別途定めるTAC申込規約、TAC校内規定、各システムの利用上の注意および利用条件等の告知も、本規約の一部を構成するものとします。
  2. TACは、会員の了承を得ることなく、この本規約を変更することがあります。この場合には、本システムの利用条件は、変更後の会員規約によります。
         
第3条(会員)
  1. TACは、別途定める方法にて入会申込を受付、必要な審査・手続を経た後に入会を承認します。
  2. 以下のすべてに該当する者を本規約において会員とします。
      (1) 前項の定めにより入会を承認した者。
      (2) 教室生もしくは個別DVD生であり、DVD(ビデオ)受講のためのTAC各校舎個別ブースを利用する権利を有する者。
  3. 会員は、TACが入会を承認した時点で、この本規約の内容を承諾しているものとみなします。
  4. TACは、審査の結果、入会申込者が以下に該当する場合、入会を承認しないことがあります。
      (1) 入会申込者が実在しない場合もしくは実際の利用者と異なる場合。
      (2) 入会申込の際の内容に、虚偽の記載、誤記、または記入漏れがあった場合。
      (3) 入会申込をした時点で、「TAC校内規定」の違反等により会員資格の停止処分中であり、または過去に「TAC校内規定」の違反等で除名処分を受けたことがある場合。
      (4) 入会申込の際に決済手段として選択した方法が、無効または決済が確認できない場合。
      (5) 入会申込者が未成年者、成年被後見人、被保佐人または被補助人のいずれかであり、入会申込の手続が成年後見人によって行われておらず、または入会申込の際に法定代理人、保佐人もしくは補助人の同意を得ていなかった場合。
  5. 本システム利用の際に生じた諸問題に関しては、別途定める「TAC申込規約」および「TAC校内規定」に基づいて対処します。
       
第4条(会員登録の取消)
  1. 会員が以下に該当する場合、TACは事前に通知することなく直ちに会員登録を取消すことができるものとします。
      (1) 第3条4項各号のいずれかに該当することが判明した場合。
      (2) 料金等の支払債務の履行遅延または不履行があった場合。
      (3) IDもしくはパスワードを不正に使用し、または使用させた場合。
      (4) 本システムの運営を妨害した場合。
      (5) 本システム上で提供される情報を改ざんした場合。
      (6) その他本規約に違反した場合。
      (7) その他会員として不適切とTACが判断した場合。
  2. 会員登録を取消された会員は、会員証、テキスト等受講のために与えられた付随サービスのすべてにTACへの返還義務が生じます。なお当該行為により会員が不利益を被ったとしても、TACは一切その責任は負いません。
         
第5条(利用規定)
  1. DVDブースの利用にあたり、会員は事前に本システムを通じて予約登録を行うものとします。
  2. 予約の変更、キャンセルはTAC各校舎が定める期限までとさせていただきます。この期限までに変更、キャンセル手続を行っていない場合は当該時間帯の予約は確定となり、以降の変更、キャンセル、および、予約された時間帯に欠席された場合はキャンセルチャージ(1コマ 500円)が発生します。
  3. 無料でDVD視聴できる場合を除く教室生においては、TAC各校舎にてDVD視聴をする際に有料フォローとして1コマ500円のチャージが発生します。また、重複受講が可能なコースの個別DVD生においても、一度視聴したDVDを受講期間内に再度受講する場合、チャージ500円が発生します。(公認会計士・税理士講座および重複受講においてDVD視聴をできない講座・コースを除きます。)
  4. 延滞されたキャンセルチャージが一定件数を超えた場合、本システムのご利用を制限させていただく場合がございますので予めご了承ください。
  5. 有料フォロー利用時のチャージおよびキャンセルチャージは、予約されたTAC各校舎にてお支払いください。
  6. 前項の他、利用者は別途TAC各校舎の定めるDVDブースご利用ガイドを十分に理解し遵守するものとします。
         
第6条(本システムの利用)
  1. 会員は本規約およびTACの指示に従い、本システムを利用するものとします。
  2. 会員は本システムを利用するにあたって、日本語環境および別途TACが指定する稼働環境からの利用を前提とするものとします。
  3. 会員は第8条に定める自己責任の原則に従い、TACに何等の迷惑または損害を与えないものとします。
         
第7条(変更の届出)
  1. 会員は、登録情報、その他TACへの届出内容に変更があった場合には、速やかにTACに所定の方法で変更の届出をするものとします。
  2. 前項届出がなかったことで会員が不利益を被ったとしても、TACは一切その責任を負いません。
         
第8条(自己責任の原則)
  1. 会員は、会員による本システムの利用と本システムを利用してなされた一切の行為とその結果について一切の責任を負います。
  2. 会員は、本システムの利用によりTACまたは他者に対して損害を与えた場合、自己の責任と費用をもって損害を賠償するものとします。
         
第9条(IDまたはパスワードの取り扱い)
  会員は、IDおよびパスワードが第三者に使用されることのないよう、適切に管理するものとします。会員は、IDおよびパスワードが盗まれたこと、または第三者に使用されていることを知った場合には、直ちにTACに通知し、TACの指示がある場合には、それに従うものとします。
         
第10条(禁止事項)
  会員は、本システムの利用にあたって以下の行為を行ってはならないものとします。
      (1) 本システムの運営を妨げるような行為。
      (2) 他の会員および第三者のIDまたはパスワードを不正に使用し、他者になりすまして本システムを利用する行為。
      (3) 取得したIDまたはパスワードを故意に第三者へ漏洩または譲渡する行為。
      (4) 本システムの解析および本システムより発信された情報を改ざんし提供する行為。
      (5) コンピュータウイルス等有害なプログラムを本システムを通じて、または本システムに関連して使用、もしくは提供する行為。
      (6) その他、日本国および外国の法令に違反する、または違反するおそれのある行為。
      (7) その他、TACが不適切と判断する行為。
         
第11条(設備等の準備)
  1. 会員は、本システムを利用する為に必要となる、次に例示する環境の整備および維持管理を自己の責任と費用負担において行うものとします。
      (1) 携帯電話を含む通信機器、コンピュータ、ソフトウェアその他本システムを利用する為に必要となるすべての機器の準備および設置。
      (2) 通信回線利用契約の締結、インターネットサービスへの加入ならびに通信費その他本システムの利用に要する費用の支払。
  2. TACは、会員が本システムを利用する為に使用するすべての機器やソフトウェア、通信環境等に対する本システムの互換性を確保する為に、本システムの内容や提供方法を変更する義務を負わないものとします。
         
第12条(本システムの中止、中断)
  1. TACは、本システムの設備の保守作業、天災等の不可抗力、その他の理由により本システムの運用を中止・中断することが出来るものとします。
  2. TACは前項の規定により、本システムの運用を中止・中断する場合は、TACが適当と判断する方法で事前に会員にその旨通知します。但し緊急の場合はこの限りではありません。
         
第13条(会員の義務)
  会員は次の義務を負うこととします。
      (1) IDまたはパスワードについて、第9条規定の管理義務。
      (2) 第7条規定の変更届出義務。
      (3) 本システム接続に必要な利用料、通信費を支払う義務。
      (4) TACまたは他の会員の権利を侵害しない義務。
         
第14条(個人情報の取り扱いについて )
  本システムをご利用になるお客様の個人情報を取り扱うにあたり、TACの定める個人情報保護方針に従い、ご提供いただいた個人情報の保護に努めます。詳細はTACホームページ「個人情報の取り扱いについて」をご参照ください。
         
第15条(免責事項)
  1. 本システムの内容は、TACがその時点で提供可能なものとし、会員に対するTACの責任は、会員が支障なくサービスを利用できるよう、善良なる管理者の注意をもって本システムを運営することに限られるものとします。
  2. 本システムにおいてTACが指定する稼働環境は、外的環境の変化によって事前予告なく変更することができるものとします。
  3. 本システムの提供、遅滞、変更、中断、中止、停止もしくは廃止、その他本システムに関連して発生した会員の損害について、TACは一切責任を負いません。
  4. 本システムは、他者の運営するサーバーへの接続においてはあくまでも通信手段として機能します。TACは他者の運営するサーバーへの接続に関し第12条の場合を除いて円滑な接続についてのみに対し責任を負い、それ以外についてはいかなる責任をも負いません。
  5. 本システムの利用によって、利用者または第三者がいかなる損害を受けた場合にも、TACは一切損害賠償等の責任は負わないものとします。
         
第16条(合意管轄および準拠法)
  会員とTACとの間で紛争が生じた場合には、双方が誠意をもって解決にあたるものとし、訴訟の必要が生じた場合は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。また、本利用規約の解釈、適用については日本国法を準拠法とします。
         
附則
  本規約は2008年12月11日から実施します。